全日本 中学生・高校生 管打楽器ソロコンテスト
​第26回全国大会結果

令和4年3月28日(月)
於:武蔵野音楽大学
第1位・文部科学大臣賞
高校生部門 田中Angieすみれ(Fagot)
 
 去る3月28日、東京・武蔵野音楽大学ブラームスホールで開催された「第26回全日本中学生高校生管打楽器ソロコンテスト」において、高校部門で県立幕張総合高校2年・田中Angieすみれさん(Forgot)が、第一位となり「文部科学大臣賞」を授与されました。
 第一位というのは、文字通り「日本一」ということであり、大変に素晴らしい快挙であります。
 これまで、第一位となった千葉県代表は
第一位特別賞
 第14回 (2010/3) 中学生部門 玉井美有(A.Saxophon)
第一位特別賞
 第16回 (2012/3) 高校生部門 古屋拳一(Fagot)
第一位
 第17回 (2013/3) 中学生部門 小林加奈(Oboe)
 中学生部門・高校生部門の両部門の第一位=最優秀者に、第18回(2014/3)より、「文部科学大臣賞」が授与されることになりました。
 千葉県代表が文部科学大臣賞を授与されたのは、第22回 (2018/3)高校 部門の筧 汐織 (Fagot)が最初で、今回の田中さんは、2人目となります。
 田中さんは、1月5日の千葉県大会本選会において千葉県代表となり、関東甲信越支部大会(時:2月23日.於:昭和音楽大学)に出場しました。田中さんは、この大会で抜群の成績で第一位となり支部代表に選出されまし た。第三位となったのは、同じく千葉県代表のFluteの泉水陽南(学校法人東京聖徳学園光英VERITAS高等学校)さんで、田中さんと共に支部代表に選出され、 全日本大会に出場することになりました。泉水さんは、全日本大会でも素晴らしい演奏をして、優秀賞を授与されました。
 
 このように、千葉県代表は、毎年、支部代表となって全日本大会に出場し、大活躍を好成績をあげています。
 
公益社団法人日本吹奏楽指導者協会千葉県部会